https://kizakurasui.jp/novel

ナイトメアEOM -異世界からの警告-

すいがごく稀に魘される悪夢。

初めて見たのは真冬の吹雪の夜だった。夢のようで夢ではない体験をする。

それは未来からなのか別次元の異世界からなのか、神々が邪神に支配され闇に飲み込まれてしまった邪悪な世界があった。

ーミライヲカエテー

色褪せた世界にいた色褪せた己の姿から聞こえた微かな声。

それは、邪神に魂を支配されてもなお無意識に希望を持ち続けるすいから発せられた警告のメッセージ。


 

Evilすい(邪悪なすい)

■ナイトメアの世界では邪神に支配された水神がすいを操っているようだ...
■邪神が支配する異世界は未来なのか、なぜ邪神が世界を支配してしまったのか、戦争、飢饉、災害、隕石…それとも人々の中に宿る邪気が作り出したものなのか、未来に起こり得る可能性の一つであることは確かだ

■同じく、神々を共に人々を守ってきたあやめカンナたちも存在する
■かつて人が手を加えその後何十年も変わらず、この先もただ朽ちていくだけの場所があるとすればそこは既にナイトメアの一部になっている可能性がある
■ナイトメアの映像は現在から未来へ存在し続けるすいの祖母、黄桜イチを媒介して届けられているようだ
■ナイトメアを止め未来を変えるには現在の暮らしの中で何かしらのアクションを起こす必要がある
■東由利大台にあるすごいもじゃもじゃしたオンコに何か秘密が隠されている

Nightmare-End Of Message-
異世界からの警告


オンコの魅力

イチイの木のことを北海道や東北北部では、アイヌ語の「オンコ」という呼び名で親しまれている。
花言葉は「高尚」であるが「悲哀」「悲しみ」「慰め」という他の花言葉も存在する。
オンコの木は死と再生の象徴とされ多くの神話の中で語られ、
神社や仏閣でも周囲を清浄してくれる力があると言われご神木として祀られているところがある。

 

ナイトメアEOMが存在する理由 原作者の想い

更新日:

Copyright© 黄桜すい物語 , 2019 AllRights Reserved.