ー黄桜すい物語ー

普通のサラリーマンの家庭で育った高校一年生。

都会から田舎町へ引っ越してきて、大自然の中での新たな生活が始まった。

すいは、田舎の風景や新鮮で美味しい食べ物にどんどん魅了されていき

将来は農業をすると決意。

・・・その瞬間、水神様がすいの体に入り込み、不思議な力を与えた。
手にはへんてこな杖が。

杖は、大地から水を湧き起こし、優美な萌黄色の黄桜を咲かせた。

水の女神、黄桜すいの誕生である。

不思議な力で、豊かな自然を守り、高齢農家の手助けをする。

黄桜すいは自由に山々を舞い踊り、人々を笑顔にしていきます。

cropped-syovtsrth65

更新日:

Copyright© 黄桜すい物語 , 2017 AllRights Reserved.