秋田・由利本荘市ご当地キャラクター誕生秘話 vol.4

投稿日:2016年7月14日 更新日:

先日

先日、イラストレーターの@東城みな先生からキャラクター制作再開との連絡がきました。

前回のブログ更新からどれくらい経ったでしょうか。

東城先生は(売れっ子絵師故に)他のクライアントさんの制作に集中しており、ラフ画が出来上がってから一時中断となり、

その間に私は草の根運動で仲間を増やそうと地味に活動していました。

それと同時進行で「道の駅東由利ショッピングプラザぷれっそ」のインターネット販売のためのECサイトを構築しておりその作業にはまってしまい地獄のような日々でした。

寝る間もご飯食べる間もそれに打ち込みとうとう、まぶたピクピク症になり、疲れが一気に襲いかかってきました。

でも、これがないと地元農家の野菜や米が全国に羽ばたけない。キャラクターグッズも羽ばたけない。そんな思いで作業していました。まだ完成しません・・・泣

と、そんな日々の中で、「協力したい!」と言ってくれる仲間が見つかりました。

4人!

うわ、少なw・・・・と思われるかもしれませんが、私にとってはとても心強いです。

みんなそれぞれ考えを持っていて積極的にアドバイスをくれます。本気で取り組むには本気で協力してくれる人でないと意味がありません。だから人数はとくに問題ではなく、これから徐々にそんな人が増えてくれたらいいな~と思っています。

あともう二つ進展がありました。

昨日

昨日、東由利の特産品を生産している同級生のK君が、「地元の若者が集まって色んな考えを言ったり聞いたりできるところを作れたらな~」と言っていたので、「そうゆうの、やろう!」となりました。

来月、日時と場所を決めて参加できる人を集めたいと思っています。

まずはそんな団体を作り、機会を見て地元の議員さんや、年配の方をお呼びして知恵をお借りいたいなと。

「たとえ、二人だけだったとしても第一回をやっちゃおう。」と約束しました。

形はどうあれ、既成事実を作ることって大事だと思います。それがきっと大きなうねりになるのだと思います。

これを見た方でぜひ参加したい!という方がいたらFBページのライフオンヒガシユリか、当サイトのコンタクトページからご連絡ください<(_ _)>

今日

そして今日、あのカリスマご当地キャラクター、@東北ずん子ちゃん(公式)にお声を掛けていただきました。

ツイッタ―で

ずん子の商品は( *'∀')b仙台のコワーキングスペースmag、秋葉原PLUM LIVE SHOP、白石市の小十郎の郷、虎の穴とかで買えますよ(`・∀・´)

とツイートされていたので、

「あ。東城先生もずん子ちゃんを目標にここまで育てたいっていってたな~。ぐぬぬ・・・レベル高ぇ~~~汗 」

とか思いながら、「いいな~スゴイな~(略)」とRTしたら、

ずん子ちゃんから・・・

ずん子コラボ前提にして両方のファンのみなさんに楽しんでもらいましょう∑d(゚∀゚d)!!

とのリプライが!・・・それに対し、お礼のメッセージと、誕生したキャラクターをどうやって世に出したらいいかという悩みを打ち明けたら

ちょっといい作戦がないかを運営さんに聞いてきます(´◡`❤)

・・・・・!!?なんやて

大御所カリスマずん子ちゃんにそんなお声を掛けていただいたことに感動しました。

以前、ラフ画が出来上がったときにも激励のメッセージをいただいたことがあり、そして今日も温かいメッセージを頂き、なんだか見守られているような気持ちになりました。

ずん子ちゃん、懐が深いな~

ここが人気の理由なんだと思います。+可愛いのと。

と、今日はこんなことがあり、かなり動揺しました。

つまり、

東北6県の企業が自由に商用利用可能としているカリスマキャラクター>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>こんな小さな小さな町のまだ誕生もしていないキャラクターと、まだ個人レベルでしか動いていない仲間の少ない自分

と、こういう位置関係です。

こんな自分なんかに・・・・・と思ったり、

でも、だからこそ、前へ前へ行かなくちゃいけないんだ!とも思ったりと動揺しました。

で、そんなことを意識すると吐きそうなほどのプレッシャーがw

この先、そんなプレッシャーを軽くしてくれる仲間が増えてくれることを期待しています。

現在、東城先生がイラストの仕上げに取り掛かって下さっています。本当にありがたいことです。

東城先生の熱意とイラストでなければこんなにも前向きな希望を抱けませんでした。

そして、激励のメッセージをくださる方々にもこの場を借りて厚く御礼申し上げます。<(_ _)>もっとください。

それでは、また次回ご報告します!

CcWjzSeUUAATqGc

 

-プロジェクト経緯

Copyright© 黄桜すいプロジェクト KSP , 2019 AllRights Reserved.