秋田・由利本荘市ご当地キャラクター誕生秘話 vol.3

投稿日:2016年7月14日 更新日:

「農業に明るい未来を」との思いから、自分にできることは何だろうか?

とアレコレ考えていた中の一つ、”東由利にご当地キャラクターを作ろう”という一番途方もない案が、

Twitterがきっかけとなりプロイラストレーター東城みな先生との偶然の出会いで突如動き出しました。

この急展開に一番驚き戸惑っているのは私自身です。

そして、そのキャラクターに一番想い入れが強いのも私と東城先生なのですが。

これは決して、ブームに乗っかりご当地キャラクターを誕生させ、使い捨てるだけのプロジェクトではありません。

ご当地キャラクターの役割は、「東由利のPRと地元住民の所得アップ」です。

具体的には、

PRと言っても、東由利には特にPRするものなどありません。でも、

「”何もない”が”ある”じゃないか!」

何もないというのをPRします。そのままの由利本荘市東由利を。感受性の豊かな人は「なにもない」に価値観を見出してくれると思います。

「山紫水明の里、東由利」

全国に誇れるものと言えばきっとこれ以外にないんじゃないかと思います。

寒暖差の激しい土地柄、豊かな土壌が育ち、あちらこちらで水が豊富に湧き出ている。そんな自然の恩恵を受けて農作物や山菜が美味しく育つ、家畜がたくましく育つ。

そんなことを言ったら秋田県全体がそうなのかも知れませんが、それでもここ東由利はそれよりも多くの自然環境の恩恵を授かっていると胸を張れます。

そんな素晴らしい環境の田や畑、山菜が採れる山々、この土地全てが宝です。

それを知ってもらうためには由利本荘市東由利というブランドを強化して全国に発信しなければいけません。

せっかくのいい食材を安い値段でたたき売るのではなく、適正な値段できちんと評価されるようにしなければ後継者は出てきません。

「”なにもない”だが”豊かな自然はある”由利本荘市東由利ブランド」

です。その情報発信の先鋒がご当地キャラクターです。

そして、そのご当地キャラクターの恩恵を受けるのは農家だけではありません。

一つは、「山菜」です。

東由利ではとてもいい山菜が採れるという評判は外から多く聞こえてきます。そこら辺を見渡せば山菜。子供のころからあまりに身近すぎて私自身その価値に気付いたのはつい最近です。

 

sansai_omakase

写真:item.rakuten.co.jp

 

山菜は出せばすぐに売れるという強力なアイテムです。主婦やサラリーマン、学生、東由利に住んでいれば誰にだって山菜を採ってきて売るチャンスがあります。

 

私の父やその兄弟は子供のころからワラビを採りそれを売ってお小遣いを稼いでいたそうです。それはもう40年以上も前の話で今の若い人にとってはピンと来ないかもしれません。

 

でも、全国的に知名度をあげた東由利でそれを再現したらどうでしょう?再びお小遣いを稼げるビジネスチャンスになります。販売は道の駅にある直売所とインターネット。

 

近い将来、”山菜ハンター”“山菜採り名人”としてスーパー主婦、スーパーサラリーマン、スーパー高校生なんて誕生したら町が活気づきそうです。

 

これが、農家以外もご当地キャラクターを利用して収入アップが見込める方法です。

 

 

ご当地キャラクターを利用して農家だけじゃなく、全ての人にとって収入アップできるチャンスがあるという魅力があります。

そしてそして、

「グリーンツーリズム」田舎に泊まって農業体験。もしくは、純粋に泊りがけで東由利の自然に触れたいという方に泊まっていただく受け皿です。

ここ東由利には現在、宿泊施設がほぼ無い状態です。

そもそも観光客はさほどいないので宿が足りなくて困る状況でもないのですが。そんなところに宿泊施設を建設しても採算が合うはずもなくまずあり得ない話です。

空き家はたくさんあるし、リフォームして泊ってもらおう。というのも維持管理が大変です。回転率が良ければそれが理想ですが。

現実的な案は、実際に住んでいる住居の空き部屋を簡易宿泊所として申請して許可を得ることです。そうすれば維持費もほとんどかかりません。

課題は、一般の人が自分の住んでいる家に「知らない人を快く泊められるのか」です。現状はそんな考えに賛同してくれる人はほぼいないと思います。

ですが、町おこしが成功し町が活気づけばそんな機運が盛り上がってくるかもしれません。(でもまったくの未知数)

もう一つの課題は「空き部屋を利用した簡易宿泊所」では、利用客も不安なことがたくさんありそうです。1軒や2軒だけしかなく情報も不足している状態では不安にもなります。

それが10軒も20軒もあってネットワークで繋がっていてそれぞれの空き部屋宿泊所に色んな特色があるとすれば、選ぶ楽しさも安心感も持ってもらえると思います。

色んな特色とは、

  • うちは料理は出せないけどカラオケあるよ!
  • いやいやうちは卓球できるよ!
  • うちでは美味しい山菜料理出せるよ!
  • ここからの景色は最高だよ!
  • 無料送迎で駅に迎えに行ったり温泉や買い物どこでも連れてくよ!
  • 山菜採りツアー、山歩き、農業体験とかできるよ!
  • 渓流釣りに連れて行ってあげよう!

など、その家々で出来る範囲のおもてなしをすることです。

逆に宿数があればあるほど観光客もふえるのではないでしょうか。そして、空き部屋を管理するだけなので、いざという時の宿泊所として提供して臨時収入に繋がればそれだけでも成功と言えるのではないかなと思います。

と・・・、夢は膨らみますが、決して無理のない現実的なプランだと思っていますし、東由利に住む全ての人、オール東由利で活躍できるプランじゃないかな、と勝手に思ってます。

ですが・・・・、

そのために一番大事なことは、ご当地キャラクターをどう有名にさせるか。

そしてどう育てていくか。・・・・・なんですが。

これには、たくさんの人の協力がなければ成せませんし、そもそもどうやったらいいか今のところさっぱり分かりません。

一番大事なところですが、さっぱりです。

今は地元住民、企業、団体、行政、市議などへ思いを伝えるべく少しずつ動いてはいますが、草の根レベルです。

いつかこれが大きなウネリとなって明るい方向へ進んで行ってくれることを願っています。

 


現在、イラストの方は東城先生が売れっ子が故、ご多忙のため進んではいませんが、毎日色々な可能性を模索して話し合っています。

東城先生はたくさんのアイデアを提案してくれ、すごく前向きで頼もしい限りです。

私も応援してくれる方がたくさん増えるように努力してまいります。応援よろしくお願いいたします!

東由利の萌えキャラちゃん (2)

 

-プロジェクト経緯

Copyright© 黄桜すいプロジェクト KSP , 2019 AllRights Reserved.