【登山&流し素麺の回】撮影で色々とやらかしてしまいました・・・反省

投稿日:2017年5月18日 更新日:

こんにちは。

黄桜すいプロジェクト代表の鈴木です。いつも応援して下さりありがとうございます。

ぼつめき!すいチャンネル もご覧下さりありがとうございます。いつも大雑把なロケとなり申し訳なさでいっぱいです。

上手に撮影することの難しさを毎回痛感してます。テレビ局はすごいなぁ・・・。

渓流釣りロケ後、4月にお寺で座禅会というのをやりました。

そして、5月は登山・山菜採り・流し素麺を地域の子供たちと一緒にやって来ましたよ。

ロケでは毎回なにかやらかしてしまうのですが、今回はほんとに色々とやらかしてしまいました。

最近は出演よりもカメラで撮影しながら喋ることが多いのですが、さらにロケの進行を仕切りながらやっています。

 

登山開始前、子供たちを前に黄桜すいちゃんのぬいぐるみを見せながら「これな~んだ?」「すいちゃ~ん!」みたいな掛け合いをして子供たちの緊張をほぐしたり、まとめたりしていました。


(↑黄桜すいちゃんぬいぐるみ。略して「すいぐるみ」)

「それじゃこれから、すいちゃんと一緒に山登ろうね!」と言ってうまく進行していたはずだったのですが、子供たちのスタートダッシュに慌てて撮影準備をしました。

もう一人のスタッフ石田さんの頭にGoProカメラをセットしてRECボタンを押し、先行く子供たちを追いかけました。

なかなか良い画が撮れてるなぁ~なんて思いながらカメラを回します。

そして、あとちょっとで山頂かなぁ~とほっとした時にすいちゃんのぬいぐるみを下に置き去りにしてきてしまったことに気付きました。

と、言う訳で山頂の映像にはすいちゃんが映っていません。むしろ、登山中にもいません。

慌ただしくも無事撮影を終え、石田さんの頭にセットしていたGoProカメラのRECボタンをOFFにして登山撮影は終了。

その後の撮影もそれなりに終了。

ぬいぐるみと一緒に登ろうと言っておきながら置き去りにしてしまったという番組構成上の痛手を負ってしまった訳ですが、

後日、GoProのデータをチェックしたところ、自分が映った二枚の写真だけが残されていました。

すぐに悟りました。

ムービーモードじゃなくフォトモードになっていたのでした。

せっかくGoProの臨場感ある登山映像を入れようと思っていたのに、自撮り写真2枚撮っただけという・・・。

 

なんでやねん。

 

これはほんと深く、深く反省しました。次からはその場でちゃんとVチェックしよう、と。(多分無理)

映像にはGoProを頭に付けた石田さんの姿はあるものの、そこからの映像はない、という残念なお知らせでした。

ほんとに撮影は大変ですね。少数スタッフでやると一人で仕切りながらカメラ回しながら喋りながら。

これからもこんな感じかと思いますが、どうか温かく見守っていただき、そんな映像を楽しんでいただければと思います。

東由利の風景はどこも奇麗ですので、せめてそこだけは伝わると幸いです。

記事:KSP代表 ひろさん


 

秋田ケーブルテレビさんで生放送に出演しましたよ。

 

-ぼつめき!【ロケ】

Copyright© 黄桜すいプロジェクト KSP , 2017 AllRights Reserved.